本文へ移動
0
8
9
4
6
5
ふれあいと和みの家
≪大利根ろまん亭≫


●有限会社ゲン
〒371-0822
群馬県前橋市下新田町329-11
TEL.027-252-7735
FAX.027-252-7782

≪大利根ろまん亭≫
介護支援事業
≪大利根ろまん亭≫

ろまんな風〜徒然日記

このホームページ作成が平成23年。今までの歴史の中様々な利用者さんと出会い、そして別れて・・・ろまんな風では現在の心境や感じた事、進行形で起こっている事柄を綴りたいと思います。時々昔を振り返ったり・・・『ろまんな風』を覗いて見てください。介護を通しての私の心境の変化や成長が垣間見れるかも知れません・・・(^〜^)

徒然なる日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

全員元気です!!

2021-01-13
 お正月からご家族の都合でショートステイを利用していた方がいます。そして利用延長になり、正月明けろまん亭を利用するのが今日初です。

 朝から少々眠気がありましたが、日中の様子などに特に変わりなく、元気に過ごせました。

 この方で全員お正月明け無事に再会する事が出来ました。

 感謝感謝です。

 年末年始のお休みでも多少リズムが変わって変化が出やすいのですが、今日の方は当初の予定ではショートステイは二泊三日でした。延長で結局10日間ほどショートステイを利用する事になったのですが・・・

 流石に長めのショートステイ利用。当然初です。

 しかし大きな変化は無く、安定していたので本当に安心しました。

 認知症で要介護5の方です。ある意味認知症が進み、自宅でもショートステイ先でも大きなストレスにならずに済んだのかも知れません。

 軽度の認知症の方の場合、自宅とショートステイ先の違いは分かります。ただ、何故自宅に帰れないのか・・・そんな思いから帰宅願望が出てしまうのです。

 当然サービス終了までは帰宅できず、大きなストレスになってしまう。そんなケースは多くあると思います。

 重度の認知症、場所の変化などはもう感じません。長期のショートステイもそれ程大きな負担にならなかったのでしょう。

 認知症も良し悪しですね。

 ともかく。今日で全員の利用者さんと無事に再会。そして皆さん変わらず元気です!!

 小正月も終わり、いよいよ本格的に令和3年のスタートです!!

 全員元気にスタートが切れて、とても嬉しく思います(^-^)

ダルマの呪い(笑)

2021-01-12
 先週末は9日に前橋初市、10日に成人式とイベントが続きました。

 コロナ禍の為、規模を縮小したり工夫したり。感染拡大しないように気を付けながら開催していますね。

 さてさて。毎年初市は恒例行事です。大きめのダルマを買って小さいダルマを皆さんにプレゼント。とても喜んで頂けるのですが・・・

 しかし今年は中止にしました。まず開催時間が短い事。更に規模を縮小したが故に開催場所が狭く、むしろ密になってしまいそうな感じだったので、泣く泣く中止。

 皆さんには、

 「後日専門店で買って来ますね。それまでお待ちを。」とお伝えしました。

 毎年1月9日になると、「ダルマを買わなきゃ!」と言う衝動に駆られてしまいます。恐らく前橋市に住んでいる方の多くもそんな感じなのではないでしょうか(笑)

 今年は命名しました。

 「ダルマの呪い」と(笑)

 400年以上続くイベントだそうです。そして毎年古いダルマのお焚き上げと新しいダルマの購入がセット。値切ってみたりダルマの表情を選んだり。

 毎年恒例なので、その日が来ると「行かなければ」と思ってしまうのは私だけでしょうか(^-^;いえいえ、きっと前橋市民なら皆そうなのではないかと思っています。

 まぁ言ってしまえば、専門店で購入しても同じ事。「初市」と言う舞台で購入するから更に縁起が良いように思いますが、皆さんへのプレゼントなら時期をずらして専門店で購入する方が安心・安全と判断しました。

 スタッフからは、

 「社長も行かなければ・・・と思っているのではありませんか?」と言われ、「はっ!」としました。

 既に「ダルマの呪い」にかかっていたようです(笑)

 この20年近く毎年購入して皆さんへもプレゼントして。しっかりと習慣付いていたようですね。

 ただ、今回はコロナ禍。今年だけなのか来年もか。再来年は・・・いつ通常の生活に戻るかは分かりませんが、コロナ禍が終息するまで少しだけ我慢しようと思います。

 初市だけではありません。密集するところへは行かず、とにかく自分とスタッフ、そして利用者さん達を守らなければなりません。

 今年は残念ながら初市は中止。でもダルマはちゃんと用意します!!群馬県全体の初市が終わる頃、専門店で購入してこようと思います。

 「初市に行かなければならない。」

 そう思わせる初市。まさに「ダルマの呪い」ですね(笑)

 *「呪い」と書いていますが、親しみを込めての意味ですのでご了承下さい。初市とダルマは大好きです(^-^)

久々お孫ちゃん登場!!

2021-01-09
 今日は本当に久しぶりにスタッフのお孫ちゃんが登場です!!ろまん亭の利用者さん達に大人気(^-^)

 昨年はコロナの影響もあり、夏休み冬休みとも一度も来られませんでしたが、今回は都合で登場!!

 前回は確か・・・学校が休校中に来ていたので、約半年ぶりくらいでしょうか。小学4年生。半年見ないと急に大人になりますね(笑)

 午前中は宿題です。ちょっとチェックしながら、皆さんと応援します。意外と集中して勉強するので皆さんも感心しています。

 宿題が終わればあとは遊びます!!

 今はネットゲームにはまっていると言う事で、大きめのモニターを出して、そこで皆さんに披露します。皆さんもネットゲームを見るのは初めて。興味深そうです。

 様々なキャラクターが出て来たり、会話をするので聞いたりセリフを読んだり。皆さん満更ではありません。

 そしてそんな外野の声もお孫ちゃんにとって、良い観客のようでした。嬉しそうに説明しながらゲームをします。

 まるで普通の家庭のワンシーンのようです。

 皆で笑ったり、ゲームに感心したり。たまには良い刺激になると思います。

 お食事も皆さんと我々と一緒に食べます。一応軽く持参するので、皆さん何を食べるのかも興味津々。今日は冷食のカルボナーラと唐揚げ棒。

 「今はこんな感じのものもあるのですよ~!」と、冷食やコンビニのホットスナックを紹介しながらワイワイガヤガヤで食べました。

 もちろん~、お孫ちゃんはカレーも大好きなので今日のろまん亭の主食のカレーも食べました。

 普通の、どこにでもある家庭の雰囲気です。冷えますが日差しも柔らか。

 コロナ禍も何処吹く風の長閑で平和な時間が流れていました(^-^)

冷えても汗をかきます(^-^;

2021-01-08
 身体介護です。

 特に体格が良い方で認知症がある場合、身体介護には少し力も必要になります。

 例えばトイレ介助。

 排泄が終わってお尻を拭く時に、便座に座ったまま上半身を前のめりにして、後ろから拭くのですが・・・

 認知症の方の場合、上半身を前のめりにしても、元に戻ろうと反発して来ます。お尻を拭くと反射で更に強く戻ろうとするので、こちらもしっかり拭きたい為にグッと前に押し込みます。

 ここでせめぎ合い(笑)

 違和感あって元に戻ろうとする力とお尻をしっかり拭くために押し込む力。

 当然僕の方が強いのですが、これがなかなか骨が折れるのです。

 一回で拭き終われば御の字。一回でしっかりと拭き終わるはずもありません。二回三回と拭きますが・・・その度に便が付いていたりすれば、便がしっかりと拭き取れるまで繰り返します。

 もちろん繰り返す時は温かい端切れを使って痛くないようにするのですが・・・何べんもおしくらまんじゅうするので、結構な労働です(^-^;

 冷える日でも終わる頃にはしっとりと汗をかいてしまいます。

 入浴介助も同様。言葉誘導が難しかったり、洗身の時に腕を上げようとすれば下げようとする、股を洗おうとすれば閉じようとする。

 ここも力と力のせめぎ合いです(笑)

 入浴介助後も汗をかきます。

 体格が小さな方やある程度言葉誘導できる方の場合は割とスムーズですが、そうではない場合は戦いです。

 どんなに反発する力が強かろうとも、保清の為ですから負ける訳には行きません(^-^)

 しっかりと対応してさっぱりして頂きます。

 寒い冬でもしっとりと汗をかきます。これが夏場だと・・・(^-^;汗だくですね(笑)

 身体介護は少し寒いくらいが丁度良いかも知れません。。。

昭和のお勉強。

2021-01-07
 今日は「前橋市の昭和」と言う写真集を使って皆さんと昭和のお勉強です(^-^)

 お勉強と言っても、昔の写真を見ながら当時の事を思い出してもらい、色々とお話をするのです。

 この写真集は、前橋市制〇周年記念で発行されたもので、結構いい値段がしました(笑)フル活用させて頂いています。

 昭和元年から昭和63年頃までの写真集です。当然皆さんが生まれる前の写真もあれば、幼少期、青年期、戦前戦後からほぼ今に至るまでの時代の写真。

 懐かしい光景が広がります。

 写真集を見ながら、当時の事を話すのは「回想法」と言って、脳トレの一種です。「回想法」と言っても、我々も専門的に勉強した訳ではありませんので、とにかく昔を思い出してもらいながら、話しを広げて笑ってお喋りしています。

 なんちゃって「回想法」です。

 でもこれが意外と良いのです。

 あ~でもない、こ~でもないとお喋りしながら笑いながら過ごすのは皆さんにとってとても有意義な時間だと感じます。表情も良いし、時には新しい記憶が蘇ったり。

 何も今風の脳トレではなくても大丈夫。昔の事を思い出す事だけでも十分脳トレになるのです。

 当然我々の世代の写真も掲載されているので、ちょっと懐かしく、新しい発見や「こんな事があったんだ~。」と感心する事しばしば。

 昭和生まれの利用者さんと昭和生まれのスタッフ達。世代は違えど同じ昭和。案外話に花が咲きます。

 今日も楽しく懐かしの写真を見ながら沢山お喋りしました。普段うたた寝をしてしまう方も、こんな時は目がぱっちり!!

 良い刺激ですね~♪♪
TOPへ戻る