本文へ移動
0
9
3
0
1
3
ふれあいと和みの家
≪大利根ろまん亭≫


●有限会社ゲン
〒371-0822
群馬県前橋市下新田町329-11
TEL.027-252-7735
FAX.027-252-7782

≪大利根ろまん亭≫
介護支援事業
≪大利根ろまん亭≫

ろまんの風~徒然日記

このホームページ作成が平成23年。今までの歴史の中様々な利用者さんと出会い、そして別れて・・・ろまんな風では現在の心境や感じた事、進行形で起こっている事柄を綴りたいと思います。時々昔を振り返ったり・・・『ろまんな風』を覗いて見てください。介護を通しての私の心境の変化や成長が垣間見れるかも知れません・・・(^〜^)

過去の徒然日記はこちらから

徒然なる日記

血圧が測れません!!

2021-10-22
 ろまん亭に到着すると先ずは手洗いにうがい。そして居間に入って着座後にアルコール消毒をします。

 そして次にバイタルチェック。

 この一連の動作はコロナ禍になり定着しました。良い習慣だと思っていますが(^-^)

 手洗いに関しては認知症がある方の場合、自身で出来ない事もあります。そんな利用者さんの場合は一緒に手を洗うようにしています。

 手を洗えない方々は何となくおっかなびっくりの様子。洗面台がどのように見えているのか分かりませんが、蛇口まで手を伸ばしてもらえません。

 なのでこちらの手に石鹸を付けて相手の反対の手を合わせて洗います。片方は自分の手、もう片方はスタッフの手。スタッフの手を自分の手に見立てて洗うのですが、これが結構スムーズに出来たりします。

 すすぐ時も同じ要領。少し時間はかかりますが、この方法が割と早く手洗い出来ます。

 さて、バイタル。

 認知症で要介護5の利用者さん。声掛けしても伝わりません。なので様子を見ながら血圧を測るのですが・・・

 途中動いてしまうのです。腕を曲げてしまうのです。

 そうなると測定出来ません(^-^;

 ほんの少しの間だけ、じっとしていて欲しいのですが、日によっては全くじっとしていられない事もしばしばなのです。

 やっと静かになって測り始めると、途中から動いてしまったり。。。なので正確な数値が出るまでに時には10回近く測っています。

 今日も測定時に全く落ち着きが無くて(^-^;測れども測れどもエラーになったり頓珍漢な数値が出たり。結局測り終わるまでに20分くらいかかりました。

 まぁこれも仕方ない事。認知症の方にとって、血圧測定では腕に巻いた部分が締め付けます。その締め付けの意味が分からないのですから、単に違和感や痛みだけを感じてしまい、振り払おうとして動いてしまう。

 そんな繰り返しだと思うのです。

 しかし調子のよい日もあります。調子が良い日は一発で測定終了!!そんな日は何か良い事が起こりそうな気持になります(笑)

 手洗いやバイタルチェック一つとっても時に忍耐が必要な介護現場。介助者側がストレスにならないように心がけなければなりませんね。

 例えば大真面目に手洗いやバイタルを測ろうとすれば、全く誘導出来ない場合はイライラし兼ねません。そんな時程楽しく面白おかしく物事を捉えて対応すれば意外とストレスにならなかったりします。

 手洗いなら「ほら~、気持ち良いでしょ~!」と、笑いながら前向きな声掛け。血圧なら「ちょっと我慢して~(笑)」と笑いながら声掛けをしたり。

 自分自身が真剣になり過ぎるとストレスの原因になってしまいます。

 極論としては、手洗いが出来なかったらアルコールペーパーで拭けば良いし、血圧ならしばらく経ってから測っても良いのだし。

 何もその場で全て思った通りに決着を付けようとしなくても良いのです。お互いのストレスにならないような対応、働き掛けが必要なのです。

 認知症の皆さんも悪気があってやっている事ではありません。必ず何某かの理由が存在するのです。無理強いせずに、柔軟な対応を心掛けたいですね。

 スムーズに事が運べば超ラッキー!!

 そんな風に考えながら対応するのも良いのかも知れません(^-^)

トラップ(罠)でした~(笑)

2021-10-21
 ある利用者さん。要介護5の方です。排泄は基本的に定期誘導、失禁は仕方ありません。

 入浴もします。こちらも全介助。

 さて、今朝もスタッフがお迎えに行きましたが、いつも通り車に乗降。ろまん亭の玄関を上がろうとした時・・・便臭が漂ったようです。

 迎え入れは二人介助で対応しているのですが、スタッフ二人とも便臭を感じたそうです。

 送迎スタッフは、「車の中では臭わなかったので、恐らく玄関上がる時に便失禁かも知れません。」と報告してくれました。

 迎え入れスタッフも、「あの臭いは確実に出ていると思います。」と報告。

 今日は僕が入浴担当だったので、他の方の送迎が終わって体操も終わり、早々に入浴を始める事にしました。

 確かに何となく便臭が漂っているように感じましたが、僕にはそれ程強く感じず、もしかしたらガスだけかもなぁと思っていたのですが。。。

 ベテランスタッフ二人が揃って「便失禁の可能性あり」と言うのですから、失禁していてもしていなくても早めに入浴に取り掛かる事にしました。

 立ち上がって頂き、脱衣所まで誘導。脱衣の為座って頂くのですが、その前に。当然確認します。

 すると・・・

 出ていませんでした(笑)!!

 そうなのです。この利用者さん、時々便失禁してしまったような臭いのおならをするのです!!僕と今日はお休みだったスタッフの時も度々騙されて・・・

 明らかに便失禁の臭いなのに失禁無し。ガスのみ。

 今日の二人のスタッフもトラップに見事引っかかりました(笑)

 「おかしいな、確かに便失禁の臭いがしたはずなのに・・・」

 腑に落ちないスタッフ。

 「いやいや、時々あるのです。あたかも便失禁したかのような臭いのおならが。」と説明。

 僕はこの利用者さんのトラップによく引っかかっているので、よ~く分かります(^-^)

 しかし失禁ではなくてトラップで良かったです。その後の入浴もスムーズでした。

 ベテランスタッフも騙される、「おならトラップ」。

 利用者さん、なかなか強者です(笑)

 

本日もお試し利用さん♪

2021-10-20
 今日はまたまたお試し利用の方がいました。

 幸いな事に今月に入って四件の問い合わせがあり。今日の方を含めて三件の方がお試し利用。更に内二件の方が利用に繋がりました。

 さて、今日の方は利用に繋がるのかどうか・・・

 珍しく今回は男性の利用者さんの紹介が多いです。しかも要支援。

 一件目の男性の方は会話を楽しみたいと言う明確な目的の元お試しをして希望に叶ったようで利用に繋がりました。

 今日の方は入浴希望。・・・が。

 高血圧に狭心症があるとの事、さてさて入浴にたどり着けるかどうか。

 朝お迎えに伺うとほぼ準備は出来ており、割とスムーズに出る事が出来ました。ただ、朝から胸の辺りが痛いと訴えあり。

 要支援で認知症は無いとの事、本人の訴えは間違いないと思われます。そして思った通り今日は胸が痛むと言う事で入浴は中止になりました。

 まぁそこまでは普通にある事。問題ありませんし、持病の上での胸の痛みなので、中止になりこちらもホッとしました。

 痛みはあるけど入浴はする・・・となって、万が一が起きては大変です。本人判断が出来るのでちょっと安心ですね。

 ただ・・・これまでの利用者さん達と違うのは、超が付くほどのマイペースなのです!!

 ろまん亭に到着して椅子をおススメしたのですが座らず。縁側にあるソファに座りました。そこで気ままにゴロゴロしたいと。

 そして働きかけても反応が鈍いのです。新聞も持参。

 話しかけて欲しくないのか・・・判断が付きにくいのです。まぁ初回と言う事もあり、今回は様子を見ながら対応する事にしました。

 時々話しかけてもリアクションが少なく。終いには身振り手振りで返事をします。これはもう必要以上に働きかけない方が良さそうです。

 必要と思われる時にピンポイントで働きかけるようにしました。

 本当に気ままにゴロっと横になったり起き上がったり。テレビが観たいと言う事でテレビを点けたのですが観ているのかどうか(^-^;

 食事は喜んで下さいました。カレーのリクエスト、そしてお味噌汁が美味しいと褒めて下さって有難かったです。

 帰りも本人の希望により早めに送りました。

 利用中の様子を見る限りでは良かったのか悪かったのは判断が付き辛く、あとはご本人とご家族と担当ケアマネージャーさんとで今後を話し合ってもらうしかないとなりました。

 利用中の様子から察すると、イマイチな反応だったように感じましたが(笑)

 ただ、帰りの送迎車の中では、満更でもない・・・むしろ良かったようなリアクションがあったので、お試し利用はまずまず成功・・・と思っても良いのかぁとも感じました。

 端から見ると判断できません(^-^;

 いずれにせよ、まぁまぁ満足して頂けたのかなぁ。。。

 お別れの際は「来週またお願いします。」と言われたので。

 もしかしたらコミュニケーションが苦手なだけ、感情の表現が苦手なだけなのかも知れませんね。

 スタッフに感じた事を話すと、皆一堂に「あの対応で良かったのでしょうか。」と。

 これまでは積極的に働きかけて来ましたが、今回は働きかけ過ぎない対応が良さそうです。

 実際の利用になれば、また違った一面が見えて来るかも知れませんね。

 実際の利用に繋がる事を願いつつ。

 不思議なお試し利用者さんでした(^-^)


いくじ頃?

2021-10-19
 「いくじ」

 僕にとっては懐かしく感じる言葉です。会話の前後が分かれば恐らく皆さんも分かると思いますが、そのままの単語だと分かり辛いですね。

 「次は木曜日です。宜しくお願いします。」

 「いくじ頃?」

 帰りの送迎時に交わす言葉です。

 そう、「いくじ」とは「何時」と言う意味です。田舎言葉でしょうか。それとも時代の言葉でしょうか。

 実際我々の間ではもう既に死語になっていると思いますが、ろまん亭では意外と皆さん使う言葉でもあります。

 普段皆さんとの会話で使っているので、自分としては今でも普通に通じています。

 ただ、フッとした瞬間に「余り使わないだろうなぁ」としみじみ思ったり。

 利用者さん達の世代が使う言葉はとても懐かしく馴染みがあります。何故ならば祖父母が使っていた言葉と同じだからです。

 幼少期、僕は祖父母との繋がりがとても強く、両親と過ごした記憶よりも祖父母と過ごした記憶の方が鮮明に残っています。

 祖父母は吾妻の山の中で農家でした。そこで飛び交う言葉は正に田舎言葉や方言。なので現在皆さんとお話をしていて昔言葉が出ても十分伝わるし、昔言葉で返せるので、意外と喜ばれたりします。

 利用者さん世代にとっても、懐かしく馴染みのある田舎言葉。

 毎日何気なく使っていますが、時々「お、懐かしい言葉だなぁ。」と感じる事しばしば。「そう言えば、普段は聞きなれないけど、これも懐かしい表現だなぁ。」と思い、送迎後の一人の時間に笑ってしまう事もあります。

 何にせよ、普段日常では使わない言葉も、ろまん亭の中では今でも生き続けているのです。

 何だか素敵だと思いませんか(^-^)

 田舎言葉・方言・昔言葉。

 時代が進み、今では略語などが横行していますね。若者の中で通っている言葉が分からなくなりつつあるのは年齢でしょうか(笑)

 いやいや、それでも今の表現方法も学びながら、幅広い会話を繰り広げられると良いなぁと思っています。

 今日は利用者さんとお別れの時に、「次はいくじ?」と聞かれ、思わずにんまり。「いくじ?」なんて普通に出てくるところが嬉しいではありませんか!!

 ノスタルジックな言葉と最新の言葉。様々な表現方法を身に付けながら皆さんと会話を楽しみたいと思います。

初回が始まりません(^-^;

2021-10-18
 新規の利用者さん、今月から毎週月曜日の利用予定です。

 今週で二回目。

 ・・・がしかし。

 先週に引き続き今週も利用出来ませんでした(^-^;朝の時点で拒否があるようなのです。

 先週はお迎えに伺い、何とか連れ出してろまん亭まで辿り着いたのですが、1時間くらい経った頃に帰宅願望。一度言い始めたらテコでも動かない程の頑なさ。

 仕方なしにご家族に連絡して早々に送らせて頂きました。

 そして今週。

 今日こそは何とか対応して行こうと思ったのですが、朝一ご家族から連絡あり・・・

 今日も外出する気が無い・・・との事でした。しかしお迎えに行けば連れ出す事は可能だと思います。ただ、ご家族からは「また早く帰宅になると申し訳ないので。」との理由から本日も利用中止が決まりました。

 「もしどこかで気持ちが変わるようなら連絡を下さい。すぐにお迎えに伺います!」

 と、もしかしての気持ちの変化に期待してお伝えしました。残念ながらお迎えの連絡は来ませんでしたが・・・

 要介護1です。認知症があり、短期記憶は割と曖昧との事。しかしまだまだしっかりとした意思はあるので、一度「こうだ」と思った時はその思いに縛られてしまい、なかなか気持ちを変える事が出来ないのです。

 このパターンはなかなか厳しいです。

 本人が「出かけたくない。」と思ってしまうとなかなか出かけられないそうなのです。連れ出しは可能だと思いますが、長くろまん亭に滞在して頂く事は難しいかも知れません。

 本人が「行ってみよう。」と思わない限り、今回のケースは難しいかも知れません。あるいは認知症が進んでしまって、誘導し易くなれば別です。

 ともかく現段階では少々困難かも知れません。

 担当のケアマネージャーさんに連絡。今日の状況をお伝えし、担当ケアマネージャーさんがご家族と相談して下さって、次回の対応方法が決まりました。

 来週は仮に拒否があっても迎えに行ってみる。担当ケアマネージャーさんも同席。最悪家族送迎。そしてご家族も少しろまん亭に滞在してみる。

 そんな方法をしてみようと言う事になりました。果たして上手く行くでしょうか(^-^;

 入浴希望でしたが、入浴は一旦保留。先ずは定期的にろまん亭を利用できるようになってもらう事が優先事項となりました。

 お試し利用の時は入浴もスムーズで食事も食べられ、特に問題は無かったのですが・・・実際の利用となり、蓋を開けてみたら・・・

 なかなか初回が始まらない状況になってしまいました。

 ご家族と担当ケアマネージャーさんと共に色々な案を出しながら、試行錯誤しながら先ずは初回の一回目を過ごせると良いなぁと思います。

 認知症はあるものの意思決定が出来て頑な。。。

 この種のケースは利用開始がなかなか難しかったりする事があります。

 来週こそは何とか初日をスタートさせられると良いなぁと思います(^-^)
TOPへ戻る