本文へ移動
0
8
9
4
6
5
ふれあいと和みの家
≪大利根ろまん亭≫


●有限会社ゲン
〒371-0822
群馬県前橋市下新田町329-11
TEL.027-252-7735
FAX.027-252-7782

≪大利根ろまん亭≫
介護支援事業
≪大利根ろまん亭≫

ろまんな風〜徒然日記

このホームページ作成が平成23年。今までの歴史の中様々な利用者さんと出会い、そして別れて・・・ろまんな風では現在の心境や感じた事、進行形で起こっている事柄を綴りたいと思います。時々昔を振り返ったり・・・『ろまんな風』を覗いて見てください。介護を通しての私の心境の変化や成長が垣間見れるかも知れません・・・(^〜^)

徒然なる日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

見極めが難しい!!

2021-01-19
 認知症の方の排泄です。

 今お二方、定期的にトイレ誘導しています。二人ともほぼ排泄感が無く、自発的にトイレに行く事はありません。なので午前1回午後1回と2回、トイレ誘導しています。

 とりあえず便座に座って頂きます。

 さてそこからが問題。

 お一方は要介護2、まだ排泄についての羞恥心は残っています。なのでトイレのドアを少しだけ開けて様子を見ながら対応します。

 今日は何となく排便の様子。少し力んでいます。かすかにガスの音もします。なので時間をかけて様子見です。

 10分・・・15分・・・

 排泄の動作が伺えません(^-^;流石に15分くらい経った時に声掛け。「大丈夫ですか?まだ出そうですか?」

 すると「はい、もう少し。」と。

 なのでもう5分待ちます。・・・が、やはり排泄終わった動作もありません。昼食の時間が近付いて来ています。他の方のトイレもあるので、思い切ってトイレ内に入って介助する事にしました。

 「すみません、〇〇さん。ちょっと入りますね!!」と言って突入!紙パンツは汚れていたのですぐに交換。そして敢えて聞いてみました。

 「じゃぁ立ち上がりましょうか。」と。

 返答は意外な言葉でした。「はい。そうしましょう。」と(笑)

 立ち上がった時に便器の中を確認しましたが、排便は無く、排尿のみ。

 ・・・え~、排尿だけでこの時間!!・・・

 だったらもう少し早く突入しても良かったですね。見極めが難しい方です。

 そしてもう一方。

 昼食後に一度トイレに誘導します。ほとんどの場合、排尿があるのですが、今日は既にパットに出てしまっていました。そんな時はトイレでの排尿は期待できません。

 しかしそれでも少し様子を見ようと思い、しばらくすると・・・ガスが出ました。音の感じではガスのみの感じ。便は出なそう。でもなぁ・・・一応。と思い、座ってもらっていると、ぽちょん・・・ぽちょん・・・と、便が出ている音がします!!

 ・・・なんだ、排便か!!・・・

 全く読めません(^-^;もしパットに出ていたのですぐに立ち上がらせていたら、恐らく紙パンツの中に便失禁だったかも知れません。

 何となく様子を見ようと思った自分はファインプレーでした(笑)しかし何の予兆も無く出る排泄。見極めは難しいです(^-^;

 排泄は出来るだけトイレで済ませてもらえるようにしたいと思っています。その方が衛生的だし本人も気持ちよいと思うのです。しかし排泄感が無い方の場合はどうしても定期的な誘導しかありません。

 それもタイミングが合えば便器で出来るし、合わなければ失禁になるのです。失禁のお手伝いは然程苦になりませんが、トイレで済ませてあげられなかった自分に意外とがっかりしてしまいます。

 見極めは難しいですが、出来るだけトイレで済ませられるように誘導したいと思っています。その場合、時には10分15分座って頂く事もあると思います。

 他の方のトイレと重ならない限り、本人のペースにて排泄して頂けると良いと思っています(^-^)

暖房フル活用!!

2021-01-18
 毎日冷える日が続きます。

 ろまん亭の母屋の暖房はエアコン2基、ガスストーブ2台、石油ストーブ2台、石油ファンヒーター1台、オイルヒーター1台、ホットカーペット2枚でまかなっています。 

 居間はガスストーブとホットカーペット、エアコンで対応。静養室はエアコンで。脱衣所は石油ファンヒーター、トイレはオイルヒーターで台所は石油ストーブと廊下に石油ストーブです。

 居間と静養室は特に問題ないのですが、一番の問題は廊下及びトイレです。

 一般家屋なので当然廊下は寒いです。なので石油ストーブは今の時期は必須。実はトイレのオイルヒーターだけでは余り暖かくならないので、どうしても廊下で石油ストーブを点けなければなりません。

 かなりの暖房器具を使っていますね(^-^;

 トイレは・・・普通なら用を足してすぐに出て暖かい居間に戻れるのですが、認知症のある利用者さん達はどうしてもトイレで時間がかかってしまいます。

 ズボンの上げ下ろしがゆっくりな方、時間とタイミングでトイレ誘導している方、所謂「排泄感があって行くトイレ」とは違う場合、排泄するまでに時間がかかってしまうケースが多くあるのです。

 そんな時、廊下とトイレが寒いと申し訳ない。。。

 だからこの時期は廊下とトイレは結構暖めておいています。

 ただ・・・トイレと言ってもずっと使用しているのではないので、点けっぱなしは勿体ない・・・と思ってしまうのは僕だけでしょうか(笑)多少節約もしたいので、廊下とトイレが暖まっている時は一旦石油ストーブは消すようにしています。

 そして少しひんやりして来たらまた点けて。

 消して点けての繰り返しです(^-^;

 しかしトイレに時間がかかる利用者さんを見ていると、やはり暖かい方が落ち着いて排泄出来ているように思います。寒いと集中できない様子なのです。

 この時期から3月くらいまでは暖房フル活用!!どこへ行っても暖かいろまん亭にしなければなりません。

 ただ今年はコロナ禍でもあります。換気も必要。換気して冷っとしてまた暖める。

 まるで「マッチポンプ」状態ですね(笑)

 多少換気で冷えないように簡易的な空調設備を整えようと考えています。

 利用者さん達の世代は寒さにめっぽう弱いです。暖かくする事で気持ちも穏やかになると思いますので、毎年冬のシーズンは暖房フル活用!!

 時々暑くて薄着になりたくなるほどですが・・・(笑)

 まだまだ寒さはこれからが本番ですね。。。

集中力持続の為に。

2021-01-16
 認知症の方は集中力が高いケースがあります。しかし逆に多くの情報が入ってしまうと途端に混乱してしまうケースもあるのです。

 例えば、声掛け誘導でもマンツーマンでの声かけならある程度通じるのですが、周囲に雑音があったりすると分からなくなってしまう。

 そんなケースは多くあると思っています。

 ろまん亭は一般家屋です。トイレに行くのも一本の廊下を通って行きます。その時に、一人スタッフが付き添うのですが、偶然他のスタッフがそこに居たりすると、誘導が難しくなってしまうのです。

 なので一人スタッフが誘導している時は出来るだけ他のスタッフは姿を見せないようにしたり、声をかけないように心がけています。

 万一利用者さんの視野に入りそうであれば、別の部屋から居間に行くようにしてみたり。(廊下だけでは無くもう一か所通じるドアがあります)

 複数のスタッフで声をかけてしまうと、それまでの誘導が水の泡になってしまう事がこれまでも多々ありました。なので今は一人が誘導している時は緊急事態や二人の方がベターな時だけ関わりますが、それ以外は当該スタッフにお任せしています。

 マンツーマンの方が誘導し易いのです。

 更にラッキーな事に、ろまん亭は小規模の地域密着型通所介護です。定員は10名と少なく、周囲がガヤガヤしていないので、声掛けにも集中できる環境だと思っています。

 静かでマンツーマン。そんな状態だと誘導もスムーズだったりするのです。

 やはり小規模の方が認知症の方にとっては環境が良いのではないかと思っています。

 スタッフの声をしっかりと届ける為に、他のスタッフは敢えてその場は関わらない。必要な時は声掛けしてもらいヘルプに入る。そんな形で対応しています。

 認知症の方は集中力が高い分、雑音が入ると混乱する。

 僕はそう思っています。マンツーマンでしっかりと対応すればある程度の誘導は可能だとも思っています。

 こちらの声を聞きやすく、届けやすくする為に、他のスタッフも常に全体の状況を把握する事は必要ですね。

 小規模だから出来る事。

 ろまん亭の強みだと思っています。

注)認知症全ての方に当てはまる訳ではありません。あくまでろまん亭の利用者さんのケースとしてのお話です。ご了承下さい(^-^)

重い手引き(^-^;

2021-01-15
 朝ろまん亭に到着してすぐに15分ほど散歩をする方がいます。ちょっとした運動です。

 自力歩行は出来るのですが、少々不安定。手引きが必要です。

 普段は軽く手を添えるだけでも大丈夫なのですが、日によっては結構重労働になる事もあります。

 それは・・・

 認知症で要介護5の方です。声掛け誘導はほぼ無理。なので手引きをしながら声掛けよりも体を使って誘導しなければならないのです。

 例えば、「右に曲がりますよ。」と言っても、通じません。なので余分な雑音は無しにして、右に曲がる時はゆっくりとそのまま右に向かうように手引きをするのです。

 Uターンもそう。声をかけてUターンするのではなく、ゆっくりと安全を確認しながらUターン。

 さてさて、重い手引きとは。

 今日は眠気があってか、いつもよりも不安定。それでも一応散歩をしてみます。

 歩き出すと・・・かなりの前傾姿勢です!!しかも手引きにかかる重さが半端ありません(^-^;まるで全体重を乗せているように感じるくらいずっしり。

 介助者に全て丸投げをしてくる方は本当に重いのです。例え体が小さく体重が軽くても。少しでも自身で歩こうとしてくれると大分違うのですが・・・

 今日は基本丸投げの手引き歩行でした。歩き出してすぐに両腕、腰、背筋に張りが出ます。珍しく今日は両腕に負荷がかかりました。

 ・・・これは普段の距離を歩くのは大変だ・・・

 そう思いつつも、せっかく歩き出したので、通常通りの距離を歩いて頂けるように気合を入れる事にしました。

 散歩の半分道中。流石に腕がパンパン。一旦止まって腕を休めます。背筋の張りもほぐして。

 再度歩き出しても前傾姿勢は変わりません。足が止まりそうな雰囲気。上半身だけ前に進もうとしています。

 ・・・久々に重い・・・

 ここ数ヶ月は余り負荷を感じなかったのですが、今日は久しぶりに負荷をずっしり感じました。

 朝のお迎え時にご家族から申し送りが。

 「昨日夕方から興奮気味だったので、夜に眠剤を使用しました。」と。

 なるほど、恐らく眠剤がすっきり切れていない状態なのかも知れません。そうなればこの重さは納得です。

 ともあれ、万一歩行が難しくなれば抱きかかえでろまん亭まで行けばよいと考え、手引き続行。結局最後までしっかりと歩けました。

 眠剤は確かによるぐっすり眠れるケースは多いと思いますしかし服用時間や量、個人個人の効き時間に差があり、場合によっては午前中いっぱいぼんやりしてしまう方も時にはいました。

 体調にもよると思います。

 今日はお迎え時から何となくぼんやり。少し眠気でイラつきもありましたが、それでも習慣として続けてきている朝の散歩。体調不良でなければ続けてあげたいですね。

 かなりの負荷はかかりましたが、無事に普段通り歩けました!!良かったです。

 どんなに我々と体格差があっても、決して油断してはなりません。しっかりと自分の体を痛めない姿勢を保ち、時には一旦休み、無理のないように介助しなければなりませんね。

 これまでも・・・恐らくこれからも、出来るだけアナログに、介助して行ければと思います。アナログですが、これが案外リハビリにもなるのです。

 「安易に」車いすを使用しない介助が出来ればと思っています。もちろん必要な際は使用しますが(^-^)

 もう夕方ですが、まだ軽く背中が張っているように感じます(笑)

水道屋さん(^-^)

2021-01-14
 ろまん亭は一般家屋です。なので出来る修繕は自分で行うようにしています。

 昨年から台所の蛇口と脱衣所の蛇口からぽたぽたと水滴が漏れていました。気になっていたのですが、なかなか修繕に手が回らずにそのままでした。

 しかし丁度時間が空いたので、思い切って二か所とも修繕です!!パッキンの交換だけでは無く、中のコマも交換する事にしました。大分古いので(^-^;

 ハンドル部分だけでは無く、蛇口の接続面のパッキンも交換です。後者は初挑戦。

 材料も揃えていざ修繕です!!

 ハンドルの部分はスムーズに交換出来ました。中のコマも新調して。蛇口の接続部は・・・少々難航しました(^-^;

 古いパッキンに気付かず、なかなか接続できないので焦りましたが、何とか修繕完了!!元栓を開けて様子見です。

 ・・・。

 無事にぽたぽた漏れは無くなりました!!

 やってしまえば簡単な作業ではあります。「忙しい」と言う事にかまけて手を付けなかったのはお恥ずかしい。。。やはりやるべき事はさっさとやってしまった方が気持ち良いですね(笑)

 ついつい「忙しい」を理由にしてしまいます。悪い癖ですね。その悪い癖に反省。今年は直して行こうと自分自身で密かに思いました(^-^)

 前職の社長と副社長には「時間なんて皆忙しくて無いんだよ。その中でいかに時間を作るかが大事なんだ。」と言われていた事を思い出しました。懐かしい(笑)

 確かに忙しいから後回し・・・は簡単、忙しいけど、忙しいからこそ時間を作って対応すると言う事が次に繋がるのかも知れません。そう言えば当時は忙しい中、色々時間を都合して回していたな~(^-^)

 用事をどんどん言い付けて来て、仕事を回すのが大変でした。当時は「仕事押し付けすぎ!!」なんて思っていましたが、今思えば良いトレーニングでしたね。

 有難いお言葉と仕事量、前職の社長・副社長に感謝です(笑)

 ろまん亭は一般家屋、出来る修繕は自分自身でDIYです。気付いた所は面倒がらずに時間を作って早めの対応を心掛けたいと思います。

昨日から今日にかけては「水道屋さん」として働かせて頂きました♪♪

 たまにはDIYも良いものですね~(^-^)
 
TOPへ戻る