本文へ移動
0
9
2
4
6
2
ふれあいと和みの家
≪大利根ろまん亭≫


●有限会社ゲン
〒371-0822
群馬県前橋市下新田町329-11
TEL.027-252-7735
FAX.027-252-7782

≪大利根ろまん亭≫
介護支援事業
≪大利根ろまん亭≫

ろまんな轍~介護史~

・・・・・・轍・・・・・・

RSS(別ウィンドウで開きます) 

認知症との出会い

2011-04-19
食事を作ったり入浴介助したり、日々がゆったりと流れます。そんな時新規の利用者がやってきた。そう、この方が僕が介護職を続けるきっかけとなった「太郎」さん(実名は伏せさせていただきます)だった。認知症をまだしっかり把握していない自分にとってとてはかなりの強敵でした。いわゆる「高次脳機能障害、時刻執行症」と診断されていた太郎さん。この人との出会いが全ての始まり。悪戦苦闘、自問自答、日々反省と自責の繰り返し。10年も前の事柄を今少しずつ語れれば良いなぁと思う。細かい日にちはご愛嬌、思いつくままこの『轍』の中で綴っていきます・・・

初めての入浴介助

2011-04-18
資格を持たないまま初めての入浴介助にチャレンジです。しかしデイサービスの浴槽が改装工事中だったので、何も知らないまま利用者のじいちゃん連れて銭湯に行きました。一緒に裸になっての介助なんて今では考えられませんが、何も知らないので一緒に入りました。とにかく安全に入浴できるように心がければ技術が無くてもできるものです。何とか無事に入浴完了!じいちゃんも思いがけなく銭湯に入れて大喜びでした。これでヘルパーの勉強すればより一層喜んでいただけると確信しました。・・・この辺りから少しずつ介護の仕事に興味を持ち始めるのですが・・・介護の仕事で頑張ろうと思わせる出会いがその後あるのですが・・・

知識無い管理者

2011-04-16
なんとなく手伝うことになったデイサービス。介護の知識や技術、気持ちまでも持ち合わせない管理者でした。ただ、サービス業だった職業柄、利用者さんには楽しんで頂きたくて唯一誇れる食事だけは充実させるように努力しました。また、送迎も専用の車も無かったので普通車での送迎・・・でも意外と利用者さんの家族には好評でした。いわゆるデイのネームが入っていないので、ご近所の体裁を気にしなくても済むからです。こうして知識の無い経営者としてスタートしたわけですが、案外好評な部分が多くてびっくり!介護の現状はどうなっているのか知りたくなり、ヘルパー2級取得へと気持ちが向くのでした。

初めての介護現場

2011-04-15
介護の仕事に就く前は、東京で10年ほどカフェバーで働いていました。独立するに辺り、退職、一時帰省。そのときひょんな縁で介護の仕事を始める事になりました。
TOPへ戻る